読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリックスときどき台所

オリックスバファローズ応援ブログです。休日のみ現地観戦-年間20試合観戦が目標ー。他はたまに男の料理ブログと化します。

西の初勝利と苦しい中継ぎの台所事情

オリ5-2西武

カード1勝1敗で迎えたホーム6連戦の最終戦。伏兵の縞田が本塁打を含む3安打、チームとして課題の西が今季初勝利、2カード連続勝ち越しで今節を4勝2敗で終えることができました。来週はビジターでの戦いとなるため、勝ち越せたことは大きい。

で今日の試合内容。よく分からない試合でしたね笑 西の調子はそんなに良くは見えなかった。初回は大量点を取られるんじゃないかとビクビク観てましたが、メヒア、中村を連続三振。どちらかと言えば西武の雑な攻めに助けられた感じ。西が西武に勝つとか何年ぶりか記憶にない感じですが、あまり良くは見えなかったですね。

打者の方も両チームともに二桁安打を打っていますが、結局は本塁打で4得点と大味な試合であまり語るような試合には映りませんでした。

3番手の塚原の球があまりに怖くて平野が8回途中から登板。結局は回またぎで投げさせるしかなく、今後も中継ぎ陣の不安定さが頭を悩ませることを予見するような継投でした。今季はどのチームもそうなんですが、あと1枚中継ぎがいれば勝敗がガラリと変わるだろうチームが多いですね。中継ぎの重要性が高い現代野球において重要であるがゆえ酷使してしまい人材が長続きしない。中継ぎを主体とした投手陣のマネジメントが勝敗を大きく左右することとなり、首脳陣とフロントによるチームマネジメントがチーム力に大きく影響するようになりました。

平野の話に戻りますが、現状のオリックスで計算できるリリーフは平野くらいしかいないため今日のような使い方は避けたいですが、当面は平野を頼りにしかできないところ。中継ぎの人材は不足しており、できる限り平野に無理をさせないためには中継ぎの問題点を解消するより打撃陣の得点力を上げるほうが難しくないと思います。

長々と書いてしまいましたが、中島が怪我で戦列から離れ、さらに打撃陣の層は薄くなりました。現状の打撃陣の緊喫の課題はT岡田の復調・戦列復帰かと思います。メンタルの弱さなどありますが、速球に対応でき長打を期待できる打者を2軍に長期に渡り、置いていることはコーチ陣の怠慢としか言えません。最近では伊藤など1軍・2軍の入れ替えを盛んに行っていますが明確な課題を設定して、そのための2軍の場ではなく、単なる懲罰の場としているような気がしてならないです。オリックスの1軍と2軍の差は大きく、入れ替えても結局は2週間後に懲罰明けかのように復帰しますが、降格前と打撃や守備が変わったとは思えない。よくある光景です。

戦力を期待されたコーディエ、ブランコ、T岡田、伊藤など選手層が薄いチーム状況では簡単に諦めたり、見放したりすることはできません。選手はもちろんのことコーチを含めて1日も早く戦力になるよう最善を尽くしてくれることを期待しています。


ツイッターへコメントいただければ励みになります!!
https://twitter.com/nagi02222



オリックス・バファローズ ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村


広告を非表示にする