読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリックスときどき台所

オリックスバファローズ応援ブログです。休日のみ現地観戦-年間20試合観戦が目標ー。他はたまに男の料理ブログと化します。

ひねくれオトコが語る藤川契約に見る男気診断

こんばんは!!

今日のオリックスは移動日。明日からヤクルトとの京セラ3連戦ですね!中島さんが復帰するとの情報もあり、明日のスタメン・試合が楽しみです。

今日は試合がなかったので、気になった記事を。www.yomiuri.co.jp

以下、記事抜粋です。

 野球の独立リーグ四国アイランドリーグplus・高知ファイティングドッグスに入団した元阪神藤川球児投手(34)が8日、高知市内で記者会見し、「新しい人生のスタートとしては最高の決断ができた」などと語った。

 同リーグは現在オフシーズンで、初登板は20日のオープン戦の予定。本人の希望で報酬は受け取らず、代わりに球団のチケット収入の1割を児童養護施設に寄付することで球団と合意した。背番号は「11」に決まった。

 藤川は米大リーグ、レンジャーズを自由契約となり、3年ぶりの日本球界復帰。故郷の高知を選んだ理由を「地元の子どもたちに夢を見てもらいたい」と説明。日本野球機構(NPB)傘下球団への復帰については「必要だと言ってもらえることがあれば話を聞きたい」と話した。

・・・故郷の高知で無報酬の契約であるということで、マスコミは男気契約!と報じていますが、ひねくれものの私は素直には受け止められませんでしたねー笑。
気になった点は、まず無報酬契約とともに1試合ごとの「スポット契約」であるという点、次にNPBへの復帰については必要だと言ってもらえれば契約することもある、という点です。阪神が国内復帰にあたりオファーを出したと報じられていましたが、阪神の条件提示では必要とされていると感じなかったんですかね。そのうえでいつでも他球団と契約できる「スポット契約」を結んだ。四国リーグで健在であることをアピールできれば、他球団から現状より有利な条件を引っ張り出すことができる。そう考えると多少の額で年間契約を結ぶより、無報酬であろうと自由を確保できる「スポット契約(腰掛けできて、アピールできる場)」を結んだ、と。
そんなこんなを考えると、いまいちスッキリできず、ええ記事だなー、男気契約!!とは感じませんでしたね笑

この記事は最近のトレンドの内容が含まれていて、おもしろい記事に感じましたね。例えば、米リーグから復帰した選手に対する前球団の受け入れの仕方について・・・冷遇するとファンから責められ、厚遇して活躍しないと責められるという、より力を見極める球団手腕が試されている点、また独立リーグNPB解雇組の受け皿になってきている・・・確かに球団経営のため、元NPB選手と契約できれば客を呼べるが、そもそも独立リーグのあり方って何なの?46歳のタフィと契約するって客は呼べるかもしれないけど、やり過ぎなんじゃないの?とか。。。

まあ、私としては昔から藤川のこのあたりのお金に関する捉え方は好きじゃないですね。プロであるからには報酬が評価だと思うし、それを綺麗な別の言葉で置き換える姿は小賢しく感じます。そのなかでこういう不可解な契約条件が報じられて、こういうコメントを聞くと「ああこの人、自分で自分の言っていることの矛盾に気づいていないんだろうなー」と感じますね。
だったらお金に汚いと言われる福留とかの方が正直で好感が持てます笑

と、言いすぎると阪神ファンから怒られそうなので、このへんで。


ツイッターへコメントいただければ励みになります!!
https://twitter.com/nagi02222



オリックス・バファローズ ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村