読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリックスときどき台所

オリックスバファローズ応援ブログです。休日のみ現地観戦-年間20試合観戦が目標ー。他はたまに男の料理ブログと化します。

坂道を転がるときは速く、簡単に止まることはできないのだ

オリ1-2x巨人

こんばんは!!みなさんお変わりありませんか??オリックスは今日も変わらず元気にサヨナラ負けです!!
まあ、そうですよね。プレーしている選手が代わらないのに、監督が代わった途端に急に勝ちだしたら、そっちの方が問題なわけです。しかし采配面でもここまで変わらないのは逆にすごいと思いますけどね笑

今日は森脇監督の交代劇に関して、ツッコミどころ満載の記事を見かけましたので紹介します!!赤字は私の心の声ですのでお気になさらず・・・。

森脇監督休養、福良政権に求められる「勤勉なプレー」の再構築【どら増田 のオリ熱コラム#40】 | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)

(記事内一部抜粋しています)

あくまでも結果論として補強の失敗を指摘する声もあがっているが、オリックスファンにとって合併後、開幕前にこんなにワクワクした年はなかったのではないだろうか。
→いや、そうでもない。むしろ疑心暗鬼。金子がいつ戻って来れるか、糸井のケガが回復しているかが不安やったけど。

特に中島の加入は、過去に散々打たれてきたイメージがあるだけに、非常に心強いものがあった。実際、開幕から4月中旬に離脱するまでは、中島が貧打に喘ぐ打線を引っ張っていた。
→は???打線を引っ張ってきた????開幕何試合かずっと.250で微妙過ぎて評価に困ってたくらいなんやけど。むしろ1塁守備ボロの反響の方が大きかったよ??

こうして考えると、5月26日の昼食時に起きた中島のギックリ腰による2度目の離脱が森脇政権にある意味トドメを刺した感は否めない。
→割とそうでもない。トドメは最後の希望の金子で勝てなかったことかと。。


補強組にこれだけ故障者が続出し、勝利の方程式が崩壊した状況では、なかなか勝利を積み重ねるのは至難の業だったはずだ。

~略~

福良監督代行初陣となった、2日の巨人戦では、松葉が6回を2失点と好投し、最終回にはツーアウトからT-岡田がホームランを放つなど最近はあまり見られなかった”追い上げ”ムードは作れた。
→申し訳程度の追いつかない反撃は開幕から見慣れてますけど??

「負けたけど明日明後日は勝てるんじゃないかという試合だったね」
東京ドームの外野ビジターチーム応援席からはこんな声が出るなど、4連敗を喫したものの、広島3連戦の京セラドームに漂った悲壮感のようなものよりも、前を向いた発言や明るい表情が見られるなど、ファンから変化を感じた。
→ええええ???あの試合が今までと違った???ホントに???8回までは散発4安打0封ですよ????????

しかし体制が変わったところで、すぐに劇的な変化は望めない。

この試合、福良監督代行は西野と糸井の打順を入れ替えてきた。
驚異の得点圏打率を誇る西野を3番で活かし、4番カラバイヨの一発で得点を期待する上でも、1番・キャプテンの糸井が復調しない限り、打線として機能はしていかないだろう。

何より福良監督代行が最初に求められるのは、崩壊してしまった「勤勉プレー」を再構築することではないだろうか。
→そんなに「怠惰なプレー」でしたかね???

森脇監督は自身の著書にて昨年は「勤勉にプレーをする」ことを徹底させていたと記している。
「勤勉にプレー」をするとは個々ではなく「フォアザチーム」に徹すること。
今季のオリックスは昨年「当たり前」だったチームプレーの失敗からチャンスを逃したり失点を許すことが多く、森脇監督が目指す野球とは程遠いものだったのは言うまでもない。
→言うまでもないって・・・。ホントに試合観てたか??????

チームにとってもファンにとってもこれ以上失うものはない。
→余計なお世話だばーーーか。

福良監督代行の元で、バファローズは立て直しを図ることができるのか。ファンは固唾を飲んで、見守っている。


・・・ツッコミどころ満載に感じましたけど皆さんはどうですかね?私は試合も観てない記者が適当に記事を書いているようにしか読めなかったです。こんな記事がベースボールチャンネルとか・・・。まあネットの無料記事なんか便所の落書きと同じか。。。

ツイッターへコメントいただければ励みになります!!
https://twitter.com/nagi02222



オリックス・バファローズ ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村